<   2018年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

W650カフェレーサーと部品の製作過程のお話

マサです、
今回のブログはちょっと現実逃避も兼ねてるんで長いですよ、
W650ネタ多いですが今日は正統派カフェレーサーのW650の方です、
e0365651_16015558.jpg
たくみくん車検・構造変更申請完了です、
車検整備完了したら連絡しますね、もうちょっとお時間ください、
で、最近は家でも図面製作、
e0365651_16030664.jpg
ちなみに工場でも図面製作してまして、地味目にやっておりますが、
うちの設備ではできないことのほうが多いのでこうして図面描いて外注様にお願いするのであります、
実際図面描くと変更も多々出てくるので図面に向かう時間も大切です、
設計のエンジニアの方からするとお遊びレベルの事ですが無学な僕にはなかなか頭がオーバーヒート、
e0365651_16332572.jpg
ぼちぼちやっていきますがこーゆうのって不思議なもんで集中力のレベルに段階があって、
フロー状態とか(スポーツの世界ではゾーンとかいうんですが細かいこと話すとハイパー長くなるんで調べてみてください、おもろいので)
やりだしてすぐはピヨピヨです、
15分ぐらいやると集中してきてそっから没頭していく感じらしいです、それがフロー、
ゾーンてゆうのはその中の突出した部分でスポーツはこれが大事なんですが日常生活ではあまり必要ないのでフローの状態が一般的です、没頭して時間があっとゆうま、みたいな、
e0365651_16462692.jpg
一回クラウン挟みます、かっけ!
で、一回集中切れると再度15分かかるらしくて、
ポンコツなんでそう聞いたらそうなっちゃうのが性で、
集中してるときはそっとしといてください笑、
図面、されど図面、人の命乗せて走らすんで、僕もだいぶ神経尖らせて設計してます、
設計なんてえらそーですが設計は設計です、
一回去年の今頃の写真挟みます、
e0365651_16474653.jpg
で、設計とは、ただ図面描いてるだけじゃなくて、笑
「確実な強度」
例えば材質SS400(鉄の種類)を使う場合強度の定義があって、
耐400N/m㎡(簡単に言うと引っ張りに対して400tまで耐えます)の構造用の鋼で、一般的にはバイクに使える強度なんでこれで大丈夫なんですが、S45Cってゆう鋼もあって、これもバイク部品に使ったりするんですが、
今回はでも溶接する箇所があって、S45Cだと溶接した際の熱で焼きが入って硬くはなるんですがその部分が脆くなるからじゃあ今回はSS400を使おう、SS400は焼き入っても硬くはならんし、みたいな、
一回休憩の写真、
e0365651_17041454.jpg
他には「コスト」
必要な形に対して無垢材から削り出すのは一番頭使わず済むんですが、お金もかかるので、
中空の部品ならパイプ材から造った方が良いのか、一般的なパイプは溶接ビードが裏側にあるので引抜鋼管から製作するか、とか、同じような強度の材料の場合どちらがより安く(製作費を抑えると値段的にもお客様にも還元できます)、
できるか、みたいな、
自分でできることはやるし、できないことは外注様に頼んで、とか、
e0365651_16375778.jpg
ほんで、「デザイン」、
カスタムバイクなんである種ここが結構重要で、
頑丈でも、ださかったら意味ないです、マジで!笑
強度とデザインの狭間が結構難しかったりします、バイクの場合クリアランスやサイズでだいぶ印象が変わります、
詰めていけばカッコよくなりますが、
実製作で手が入らなくなったり、整備性が悪いのもどうかと思うのでその辺も視野に入れながら、作っていきます、
e0365651_23484298.jpg
今はこんくらいですが、例えば従業員がいる工場の場合はなおかつ誰でも製作できる極力わかりやすい設計で、
工数が少なくて、とか、
製作手順を煮詰めたり、大きな工場はそれも大変だと思います、

そんなこんなで強度、コスト、デザイン、すべてにおいて納得したものをつくる過程にはいろんな人の手が入り、心がこもり、、、、考えること多い、マサキャパオーバーです、
自分で納得した上で設計、製作を進めていってもやはり出来上がるまでは不安で、
本当に自分にできるのだろうかってゆー感じです、やりますが、
e0365651_23172120.jpg
自分が一生懸命考えたモノなんで最終的にはめちゃめちゃ自信をもって世に出しますが、
この過程をもっと楽しめるくらいまで自分のレベルもあげたいなーとおもうと、
何歳になっても成長しようと思えばできるんだろーなーなんて人間的な悟りが見えそうになったりもします、
でもじゃあ今まで自分がやろうとしたことができなかったことあるかって言われるとなんだかんだやってきたとゆうのもあって多分できるだろーって思って何事もスタートしてます、
何事もまずやってみることが大事なのかもしれないですね、そっからちょっとずつ研鑽していくみたいな、
今回のアルミタンクも一回作り直したし、
たくみくんのW650の手曲げマフラーも幾度となくやり直したし、、、笑
e0365651_17343171.jpg
技術的にも人間的にもまだまだぺーぺーなんで自分でも不器用だなーっておもいながらやってます、
お付き合いしていただいてる方々には感謝です、
良いモノ作る為に現実逃避しながらブログ書きました笑、
良いモノ作るために頭使ってオーバーヒート気味ですが病んではないですよ、フローに入ってますね僕、
ガーターフォーク、運転の快適性に直結する部品なんでいままでで一番数値とか気にしながら製作してます、
そろそろ再び机に向かいます、



[PR]
by 758ringyo | 2018-01-30 17:43 | W650 | Comments(0)

W650計測

マサです、
また雪降ってきてますね、
雪は好きなんでいいんですが寒いのがどうにも、手がかじかみますね、
W650はこんな感じ、
e0365651_16375778.jpg
次は各部計測しながらガーターフォークの製作に入ります、
当初はステム側から寸法を決めてこうかと思いましたが、フロントのハブはW650のものを使うのでハブ側から寸法決めることに、
e0365651_16383798.jpg
フロントハブ、支点ロッカーアーム、ロッカーアーム上、アーム寸法、アンダーブラケット、トップブリッジ、
の順に寸法を決めていきます、
どーせ作るならばちっとしたの作りたいし、安心して乗ってもらえるように作りたいので、
はい、
e0365651_17014622.jpg
掲載ありがとうございます、

[PR]
by 758ringyo | 2018-01-28 17:02 | W650 | Comments(0)

SpicerCyclesピストフレーム取り扱い

マサです、
年明けからちょこちょこやり取りしていたアメリカのピストフレームメーカー、
”SpicerCycles"の取り扱いが決まりました、わーい、
e0365651_23412671.jpg
SpicerCycles
自社でのハンドメイドにて、デザイン性の高い自転車フレームを製作しています、
治具を使用して、オーダーメイドでの寸法にて製作も承れます、
既製品のフレームに関しては、今回二つのラインナップを用意する予定です、

今回スパイサーサイクルスの紹介文を考えていたんですが、やり取りしている担当のジェーンが
「細かい説明よりも現物を見れば我々の仕事がわかるだろう」
とのことですのであまり野暮な説明はしません、

僕も何で知ったのかよく覚えてませんがいつかはこのフレームに乗りたいな~と思ってパソコンの待ち受けにしておりました、笑
e0365651_23484298.jpg
多分日本にはまだ入って来てないんじゃないかな、と思います、
日本に入って来てないものなんてたくさんあると思いますが、今回僕としてはその一つに関われることが出来て最高です、
載せている写真はスパイサーのフレームで組まれた自転車です、
e0365651_23495686.jpg
僕はシンプルな方が好きなんで洗練されたフレームに目が行ってしまうのですが、
e0365651_23504682.jpg
他にもこんなのもやっていて、
一度自転車のフレーム作りをしてみた身としては難しさも重々承知の上で、純粋にすごいなーと、
e0365651_23550176.jpg
私とりあえずスパイサーフレーム日本第一号乗りますんで、笑
あとに続いていただける方盛大に募集します、
e0365651_23550581.jpg
e0365651_23551676.jpg
ラインナップとしてはストレートパイプのみのパシュートフレームとカービングパイプを使ったデザイン性のあるフレームを考えています、
これはまた追々ちょっとずつスパイサーサイクルスと話し合いながら決めていくつもりですが、
「待てない」って方は連絡頂ければ対応いたします、
すぐに広まるとは思ってませんが、僕の感性で選んだものなんでちょっとずつでも「いーなぁ」って思ってもらえる人が増えたら僕的には超嬉しいです、

[PR]
by 758ringyo | 2018-01-25 00:03 | 自転車 | Comments(0)

W650タンク製作

マサです、
雪がすごいですが、そんなことよりW650のタンク、
かれこれひと月近くやってしまってますがだいぶ終わりに近づきました、
今回はフレームにモールディングの加工もあるのでボルトはタンク下に埋め込みです、
e0365651_21593275.jpg
このマウント方法の製作は難しいわけでは無いんですが、手間かけるってやつですね、
去年もこれやった気がします、SRのタンク下ですね、下の写真が去年、
e0365651_23155727.jpg
これでボルトがタンクとツラになって目立ちませんってことです、
手間かけます、今回は他の方法で、とか思ったんですがやはりこれが今んとこ一番かっこいい気がする、
アルミタンクなんでもちろんラバーマウントです、割れますから、
e0365651_23172120.jpg
よこからみるとこうですね、背景がごちゃごちゃしててわかりヅライですね、笑
フレームの下ラインとタンクの下ラインがツラなのが僕の好みかもしれませんね、
e0365651_23312539.jpg
SRもフレームラインとタンクのライン揃えてあります、
今回はアルミなんで製作自体ちょっと大変でした、
手順も変えてみたんですが、こればっかは試行錯誤、、、
e0365651_23180885.jpg
裏側作って、底板貼って、
左右非対称なタンクなんでステーの位置も必然的に左右非対称になりました、
車体のステーもドンツキだとなんか不安なんでちょっと補強いれるかも、
底板の溶接はビード落とした方がいいのか塗装屋さんと相談しよーかと思いますが、
残ることも考えて結構見た目気にしました、

e0365651_23192549.jpg
シートレールの部分はカットします、
こーすることでフレームにかぶさったタンクでもシートを製作した時に全体が自然な流れになります、シートが無いと説明しにくいですが、これやんないとそーとー変な感じになるんです、
シートはフレームの横には張りませんから、
e0365651_23201851.jpg
そんなこんなで、コックのカラーもつきまして、
左下です、これは当然の位置、でも目立たないようにしてあります、
コックも位置決めて、ON,OFFがどこにも干渉しないように、
当然のことですが一個ずつ気にするもんです、
e0365651_23201451.jpg
あと後ろ側のステーの製作ですが、次はシートレール付近の加工をしながらになりますね、
でもほかにもやることたくさん、仕事中に考えるのではなく寝る前、ご飯食べながら、歩きながら、などなど、
他の時に考えて、仕事中は実作業に専念できるように、なかなか難しいですね~、


[PR]
by 758ringyo | 2018-01-24 23:39 | W650 | Comments(0)

SR400オーバーフロー

マサです、
ものすごくさぶいですね、工場も結構やばいです、
で昨日の定休日はあまりにも寒くて、ほんとは少し
お仕事をすすめとこかなって思ってたんですが、めげました、
で、地元は蓬莱軒へうなぎ、
e0365651_17274205.jpg
FreestyleCustom&Chopのムギ山くんと、
なんか自分のレベルが上がった気がします、笑
気がする、じゃなくて実際にもちょっとずつ自分のレベルをあげられるように日々精進ですね、
自分の中の当たり前のレベルを少しずつ上げていくこと、
で今日からまたお仕事、スズキさんのSR400、何回キャブあらってもオーバーフローがとのこと、
e0365651_17294765.jpg
原因はここですね、
自分以外の人がさわったバイクは一通り経過を聞くようにしています、
で、さらに触ってみた個所を僕も確認します、信用してないわけじゃないですが、自分の目で見るもの以外信用しないのが鉄則です、一通り見たうえで、
フロートレベルの調整、フロートバルブ交換です、
バイクは理屈の塊です、理屈を追えば必ず原因がわかります、
e0365651_17361876.jpg
ニュートラルランプが欲しいとのことでしたので増設しておきました、
その際に配線を見さしていただいたのですが、丁寧に触られたバイクでした、
こちらの作業も非常にやりやすくて素敵なバイクです、乗り始めて間もないとのことですが、大事に末永く楽しんでくださいね!
たくみくんのW650、車検のお仕事やらの段取りしつつ、
e0365651_17374650.jpg
変わったバイクが修理で入庫しました、リトルホンダPC50、
バタバタしてましてお時間頂くかと思いますが丁寧にやらさして頂きます、

[PR]
by 758ringyo | 2018-01-23 17:44 | SR400 | Comments(0)

W650経過

マサです、
W650経過、
ガゼットプレートモールディングです、
e0365651_21333894.jpg
ここはパテが入る前提ですが、できるだけ綺麗にいきたいのが製作側のキモチ、
見えんくなるんですけどね、
e0365651_21334096.jpg
キャップ部分の製作、
穴あけ、バーリング(ちょっと端を起こすこと)、
溶接の歪みの方向を変え強度を保つ為、です、
細かい所ですが、普通に大事です、
e0365651_21344973.jpg
キャップは右前、
サイドスタンドで立てたときにガソリンがこぼれない位置、とゆーのが定説です、
e0365651_21362740.jpg
今底板作ってますが準備段階で再びテンパりまして、
ようやく解決、アルミタンクなんでラバーマウント一択なんですが、
グロメットの品番がわからず、、、笑
e0365651_21375172.jpg
自分のSRのタンク作った時もラバーマウントで仕様したんですが品番メモらず、、、
厚板用グロメット、
モノタロウ品番09333222
栃木屋・グロメットG型です、
あーよかった次からはすんなりいけるわ、
な感じです、昨夜はちょっと気分転換にチャリで名駅まで、
e0365651_21413595.jpg
ラーメンおいしかったですね、また行きましょう、
その他の方も是非~、
で今日は藤井君がARAYAのSUPERAEROホイールお買い上げ、
e0365651_21421228.jpg
650Cなんで回してもフレームに当たらなくなるね、アルミでカッコいージャン、
チューブラーの交換頑張っていきましょう!笑
他にもレアホイールあります、店頭で見てくださいね~、


[PR]
by 758ringyo | 2018-01-21 21:44 | W650 | Comments(0)

Blessビーチクルーザ―

マサです、連投ですがカテゴリ分けたいのですみません、
e0365651_21303198.jpg
Blessのビーチクルーザー、現物は写真よりもっと色が深くて、綺麗です、
e0365651_21303476.jpg
今回はカゴもつけました、木の板が敷いてあるバスケットです、オシャレ、
e0365651_21303643.jpg
ペダルもフラットペダルに変えてあります、よりビーチクルーザーらしく、
こーゆうのアリ、


[PR]
by 758ringyo | 2018-01-21 21:32 | 自転車 | Comments(0)

カーテルバイク・カスタム

マサです、
カーテルバイク1台納車です、
黒赤の色味指定でお任せカスタムも、ありがとうございました、
AVENUE LOWです、パシュートフレーム、
e0365651_21180517.jpg
クランクはALLCITYの赤、発色良しです、
ペダルはオデッセイ黒、で、ストラップもつけました、
チェーンはCULTのハーフリンクチェーンです、強度があるらしいですがそんなんより見た目で選びました、
本場メッセンジャーぽいかなみたいな、
e0365651_21180833.jpg
サドルはカシマックスBMX、
長距離にはぶっちゃけ向きませんが完全にここは見た目です、
長距離用のサドルも否定はしませんが見た目がイケてるのが少ない気がします、
慣れもあると思います、僕はこれで一日中乗れます、
e0365651_21181145.jpg
タイヤは前後Thickslickです、毎日乗る(のかな?)の予定のようなんで丈夫で長持ちのこれにしました、
普通に乗る分には無敵タイヤです、
オーナーが坂の多い地域の方なんでギア比は軽めに、後ろは21丁でスキッドポイントも一応最多です、
セカンドモデルからブルホーンバー標準です、
前後ブレーキしっかり、
軽く試乗させてもらってますが、
e0365651_21181919.jpg
最高、、、、



[PR]
by 758ringyo | 2018-01-21 21:29 | 自転車 | Comments(0)

W650ガゼットプレートカット&モールディング

マサです、
W650続きです、
タンクはひとまず置いといて、
次ガゼットプレートの除去、メインチューブ下の部分カットしていくとパイプに補強板が溶接されていて隙間ができるので、
e0365651_05213472.jpg
ここは見た目の為に埋めます、
e0365651_05213681.jpg
でタンク仮載せ、
e0365651_05231278.jpg
かっこいいです、が、
メインチューブ上の補強も邪魔ですね、
これはネックチューブについているので慎重に外します、
W650はメインチューブが角パイプなんで補強を全部外すと角パイプが丸見えです、
ここでの常套手段はメインチューブを丸パイプに入れ替えるところですが、
今回はオーナーとも話し合いの上違った手法でW650の改造パターンを世間にアピールしようと、
e0365651_05274958.jpg
モールディング風にガゼットプレートを作り変えて車両デザインをつくろーって、
e0365651_05274747.jpg
W650でこーゆうの珍しいと思います、先日のブログの通り、テーマもテーマなんで全然アリかと思います、
そして技術は磨くとゆうより一つレベルの上の作業を身に付けていくものかと最近は考えながら作業してます、
言葉だとむずかしーや、要は意識の問題、丁寧な作業に勝るものなし、


[PR]
by 758ringyo | 2018-01-20 05:32 | W650 | Comments(0)

W650アルミタンクワンオフ製作

マサです、
W650のアルミタンク製作経過です、
まずスムージング、溶接ビードだけを丁寧に削っていきます、
これが地味に気を使って大変です、
e0365651_19373225.jpg
ダブルアクションとサンダーを使ってあらかた削ったら、
アテ木に紙やすりで手で線傷を付けて凹みや不自然なうねりを追っていきます、
見つけたら修正していくんですが、凹みの裏から叩いて起こして来たり(これは叩きだしの一般的なイメージ)、
でもそこだけ叩くと表にもこもこ出てくるので裏から叩き出して表からスプーンハンマーで均すとゆうひたすら地味な作業、
ほかにもこれくらいの溶接ビードの落ち込みなら、
e0365651_19422542.jpg
裏からドリー(板金の道具)をあてて表からスプーンハンマーでたたきます、
これはへこんでるところが低くなっていて周りが高い状態です、
e0365651_19425431.jpg
なのでドリーで当てた部分は起こしてきてあげて周りの高い部分を引っ込ますイメージですね笑、
さらに出っ張ってるところの金属を分子のレベルのイメージですがへこんでるところに動かしてやる感じ、、、笑
やると分かるんですが、半分くらい念が入ってます、
そーすると叩いた状態でだいぶ均せます、あとは叩き傷をダブルアクションで消して、
e0365651_19464711.jpg
同じようにやすりで線傷付けて、
e0365651_19471394.jpg
ひたすらこれを各箇所でやっていくのです、
イングリッシュホイールがあればもうちょい楽だったんかな?でもなくてもできる、
今回は塗装する前提だったんでぶっちゃけこんなやらなくても良いんですが、
やりたくなりますよね、カッコつけ、
タンクの素材がようやく完成です、
e0365651_19483667.jpg
e0365651_19544242.jpg
今回は70年代ヨロシクな感じでLSDなんかキメた奴がデザインしたらどーなるんだろうか、
「ってイメージで」、
サイコな感じに持っていけたら最高、
e0365651_19490559.jpg
でも70年代のバイクな感じじゃなくて、現代ぽいのが前提、
デザインソースとゆうよりイメージの仕方が70年代でセンスは2010年代後半、
とゆー感じですかね、
e0365651_19542834.jpg
まあこれが2010年代後半ぽいかどーかは他人が決めてくんであれですけど、
やり方は自由にやらせてもらってるんで良いモノ・面白いモノつくるのがまず、ですね、
バイク作るときはバックボーンからイメージしてくって教わったんでそれが僕なりのバイクの作りかたになってます、
2018年に、日本人のドラッグとバイクが好きな人が、
チョッパーとかカフェレーサーとかじゃなくて、
カスタムバイクらしいカスタムバイクを、
極彩色ネオンぎらぎらのラブホテルの和室に飾るために作る、
って感じですね、イメージは自由です、僕の仕事最高に楽しいです、



[PR]
by 758ringyo | 2018-01-18 20:08 | W650 | Comments(0)