人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カスタムバイクとデザイン思考

カスタムバイクにデザインなんて大げさ、、と思ったりもしますが、
少なからずバイク自体もデザインされたモノなので、
一口にデザインといっても、見た目を考えるのもデザインですが、強度を考えるのも、販路を考えるのもデザインの話です、
技術や感覚が至らなくても色々なモノ・コトに目を向けておくってのは大事、
バイクのカスタムも自分自身のバランス感覚が出るものです、
カスタムバイクとデザイン思考_e0365651_23574695.jpg
先日は社会見学に、えーじも連れて、隣の工場の家具職人の山添さんと、
一枚目は鷲尾友公さんの展示会の写真、好きで、手君、
他にもいろんなところを回ってきました、
現物、現場を見てみるってことは、大事で、
空気感、ってゆうのがいかに大切かということを肌で感じます、
ここはCASSINA IXC.
カスタムバイクとデザイン思考_e0365651_00144190.jpg
IXC.はモダンデザインのセレクトなんで、洗練された無駄のないデザインが多いです、Less Is Moreですね、
シンプルですがきっと理由があるであろう配置、ジャストポジション、
設計の段階で相当練り込まれたのかなー、とか勝手に思いながら見てました、
足りなくも足り過ぎでもない、抜群のちょうど良い、です、チョッパーと感覚は近い、かな、
カスタムバイクとデザイン思考_e0365651_00144658.jpg
パッと見たときに嫌な感じがしない、
これモノづくりの中で意外と難しいんです、
違和感が無い、自然であること、よりすごいとか、より複雑とかじゃなくて、
ちょうど良い事、
カスタムバイクとデザイン思考_e0365651_00145362.jpg
好きか嫌いかは個人の主観なんで、置いといて、
ぱっと見たときの印象、バランス感覚は大切にしたいなーと思ってます、
自分の世界の中だけじゃなくて機会があるならいろんなモノを見るようにしてます、
カスタムバイクとデザイン思考_e0365651_00014225.jpg
で、たまたまBANG&OLFUSENというオーディオブランドのお店に山添さんの専門学校時代の先生の作品がありました、
HollyWoodBuddyの宮嶋先生という方が製作した家具が什器として、
カスタムバイクとデザイン思考_e0365651_00150516.jpg
ソープフィニッシュという、北欧家具でよく使われる手法の、石鹸を塗り込んで仕上げられたものだそうです、
木の風合いがかなり優しいです、で、北欧家具もまずはシンプルで実用的であること、
そしてこのフライヤーに痺れました、
カスタムバイクとデザイン思考_e0365651_00145947.jpg
飾りたくなるようなデザイン、
基本的にバイクのカスタムなんて自分の好きなようにやるべきなのは百も承知ですが、
僕自身はカスタムのプロでありたいのでこの感覚に近づきたいです、押忍、

by 758ringyo | 2021-05-29 10:00 | 記録 | Comments(0)
<< マフラーフランジボルトが折れた... S301納車の様子 >>