カテゴリ:W650( 6 )

W650ガゼットプレートカット&モールディング

マサです、
W650続きです、
タンクはひとまず置いといて、
次ガゼットプレートの除去、メインチューブ下の部分カットしていくとパイプに補強板が溶接されていて隙間ができるので、
e0365651_05213472.jpg
ここは見た目の為に埋めます、
e0365651_05213681.jpg
でタンク仮載せ、
e0365651_05231278.jpg
かっこいいです、が、
メインチューブ上の補強も邪魔ですね、
これはネックチューブについているので慎重に外します、
W650はメインチューブが角パイプなんで補強を全部外すと角パイプが丸見えです、
ここでの常套手段はメインチューブを丸パイプに入れ替えるところですが、
今回はオーナーとも話し合いの上違った手法でW650の改造パターンを世間にアピールしようと、
e0365651_05274958.jpg
モールディング風にガゼットプレートを作り変えて車両デザインをつくろーって、
e0365651_05274747.jpg
W650でこーゆうの珍しいと思います、先日のブログの通り、テーマもテーマなんで全然アリかと思います、
そして技術は磨くとゆうより一つレベルの上の作業を身に付けていくものかと最近は考えながら作業してます、
言葉だとむずかしーや、要は意識の問題、丁寧な作業に勝るものなし、


[PR]
by 758ringyo | 2018-01-20 05:32 | W650 | Comments(0)

W650アルミタンクワンオフ製作

マサです、
W650のアルミタンク製作経過です、
まずスムージング、溶接ビードだけを丁寧に削っていきます、
これが地味に気を使って大変です、
e0365651_19373225.jpg
ダブルアクションとサンダーを使ってあらかた削ったら、
アテ木に紙やすりで手で線傷を付けて凹みや不自然なうねりを追っていきます、
見つけたら修正していくんですが、凹みの裏から叩いて起こして来たり(これは叩きだしの一般的なイメージ)、
でもそこだけ叩くと表にもこもこ出てくるので裏から叩き出して表からスプーンハンマーで均すとゆうひたすら地味な作業、
ほかにもこれくらいの溶接ビードの落ち込みなら、
e0365651_19422542.jpg
裏からドリー(板金の道具)をあてて表からスプーンハンマーでたたきます、
これはへこんでるところが低くなっていて周りが高い状態です、
e0365651_19425431.jpg
なのでドリーで当てた部分は起こしてきてあげて周りの高い部分を引っ込ますイメージですね笑、
さらに出っ張ってるところの金属を分子のレベルのイメージですがへこんでるところに動かしてやる感じ、、、笑
やると分かるんですが、半分くらい念が入ってます、
そーすると叩いた状態でだいぶ均せます、あとは叩き傷をダブルアクションで消して、
e0365651_19464711.jpg
同じようにやすりで線傷付けて、
e0365651_19471394.jpg
ひたすらこれを各箇所でやっていくのです、
イングリッシュホイールがあればもうちょい楽だったんかな?でもなくてもできる、
今回は塗装する前提だったんでぶっちゃけこんなやらなくても良いんですが、
やりたくなりますよね、カッコつけ、
タンクの素材がようやく完成です、
e0365651_19483667.jpg
e0365651_19544242.jpg
今回は70年代ヨロシクな感じでLSDなんかキメた奴がデザインしたらどーなるんだろうか、
「ってイメージで」、
サイコな感じに持っていけたら最高、
e0365651_19490559.jpg
でも70年代のバイクな感じじゃなくて、現代ぽいのが前提、
デザインソースとゆうよりイメージの仕方が70年代でセンスは2010年代後半、
とゆー感じですかね、
e0365651_19542834.jpg
まあこれが2010年代後半ぽいかどーかは他人が決めてくんであれですけど、
やり方は自由にやらせてもらってるんで良いモノ・面白いモノつくるのがまず、ですね、
バイク作るときはバックボーンからイメージしてくって教わったんでそれが僕なりのバイクの作りかたになってます、
2018年に、日本人のドラッグとバイクが好きな人が、
チョッパーとかカフェレーサーとかじゃなくて、
カスタムバイクらしいカスタムバイクを、
極彩色ネオンぎらぎらのラブホテルの和室に飾るために作る、
って感じですね、イメージは自由です、僕の仕事最高に楽しいです、



[PR]
by 758ringyo | 2018-01-18 20:08 | W650 | Comments(0)

木型

マサです、
CB125は週末には部品がそろうかと思います、少々お待ちくださいね、
パンク修理のカブは明日タイヤ等そろうと思います、週末には連絡できるかと思います、
ここ数日、とゆうかまるまる三日、
木型をつくっておりました、
e0365651_17301057.jpg
四角い塊からひたすら削り出し、、、
ちょっとなめてました、ごめんなさい、
しかしこれ丁寧にやればやるほどあとの作業が楽になるはず、
そのために僕としては珍しく朝9時から夜中12時までひたすら笑、これアピらせてください、笑
きっといい思い出になることでしょう、今休憩してまして、こっから今日は凸凹取り除く仕上げかな!もうちょい!
e0365651_17353743.jpg
つーことでこれ、今年は去年よりゆっくり、、とか無理そうです、
去年より期間伸びてます、地獄月間、1月2月ですね、
塗装のこともあるんでちょっと早めに自分で締切を作ります、
通常業務と並行してやるんでもちろん普通にお仕事の依頼は承ります、
地獄月間は自分の中の趣味みたいなもんですね、
さてさてやらねばならないこともたくさんで、
e0365651_17382144.jpg
自転車も入荷してるんで組み立てなければ、、
blessのビーチクルーザーは行き先決まっちゃってます、
新しくカーテルバイクを取り扱い始めましたんで、またそれは別で紹介しますね、
とりあえず木型の仕上げやります、

[PR]
by 758ringyo | 2018-01-11 17:45 | W650 | Comments(0)

W650リアフレーム改造

マサです、
先日はお休みすみませんでした、グリムスパンキーのライブ最高すぎました、
沁みます、
ボーカルのレミさんは26歳だそうで、一個下かよ!俺もガンバろってことで、
先日の続き、スイングアームはスムージング追い込みまして、まあほどほど、
あ、そうだ店に雑誌増えてるんでいろいろ見てみてくださいね、
e0365651_11092302.jpg
e0365651_11092534.jpg
データの写真も良いとは思うんですが、紙媒体の衝撃を与える感じ、あるんじゃないでしょうか、
インスタも便利ですが、自分の手元に置いときたい写真とかってやっぱ現像するだの、写真集買うだの、雑誌買うだの、
モノにしたいですよね、
脱線しました、まずロンスイ装着、なげ~、
e0365651_11121603.jpg
280ミリサスペンションの予定なんで280ミリピッチのサス受け固定治具、
まぁ長さも確認したところで、リアフレームグッバイ、
e0365651_11134288.jpg
スッキリしてどこからどうみてもチョッパーです最高、
んでこのままだと押し引きできずに不便なんでさっさとつなげます、
フレームインロー、これもスイングアームと同じく、抜け留め溶接も、
e0365651_11140962.jpg
すり合わせは強度にも影響するのでしっかりと、これがなかなか時間かかる、
こんな感じで左右サス受けまでをまず、
サス受けの位置が左右で降らないようにアングルで固定してそこに狙ってフレームをつなげていきます、
これが終わったら次上側、これもすり合わせきっちり、三次元だから頭良くないと出来ません笑、ん~天才、
溶接ビードは全て内向き、塗ったらわからんのだけど、いろいろバラバラな車両なんて嫌ですよね、
片側を狙った位置でつなげたら今度反対、
反対は手間かけないと左右でちぐはぐな角度やら高さになるので、
メインチューブから尺ひいて同じ高さの位置が水平になるように、
e0365651_11183836.jpg
これをいろんな場所に変えながら確認しながら、
そしたら今度は左右のシートレールを繋いで補強のフレーム入れます、
これも水平、左右位置確認しながら、こちらはサスピボットから角度とりました、
ちなみにW650はサス受けの位置が上下でオフセットあります、
今回はこれもめんどくさいのでまっすぐにして製作してあります、
e0365651_11201750.jpg
ちなみにフレームやスイングアームなど、僕が歪み出たらやだなーって所は全部一工程ずつ歪み取りしてます、
なぜそれが必要かというと、溶接するとくっつけた者同士が引っ張り合うんですね、金属の収縮で、
で、くっついても引っ張り合ったままの力が残留応力として残るんで治具から外すと若干ずれるんです、
ほんとちょっとずれるくらいなんで寸法的な支障はそんなにないんですが残った残留応力が破損につながったりするので取り除きます、
つっても焼きなましって作業で特殊能力使うわけでもないんですけど、一手間かける、ですね、
e0365651_11284098.jpg
そんなかんじで背景がちらかってきてますが、、、笑
リアフレーム自体の加工は完了、
タイヤ付けるとこんなん、
e0365651_12350731.jpg
e0365651_12352213.jpg
e0365651_12353768.jpg
フォークの長さ、オフセット等、実際後ろ側を伸ばしてみてイメージと現物とは結構違うところもあると思いますので、
せっかくなんで再考できるところは最初のイメージと修正しながらいきましょう、
ちなみに今週17日日曜日は屋形船にて忘年会です、詳細参加予定のかたには随時送りますので少々おまちを、、
結構バタバタで、年末師走で、、、
ではでは、





[PR]
by 758ringyo | 2017-12-12 12:42 | W650 | Comments(0)

W650ロングスイングアームと日曜日はお休み

マサです、
W650のスイングアーム延長作業です、
写真のように楕円パイプです、
ちなみに切る部分もサス位置とピボットシャフトの間です、
たまにサス受けより後ろで延長してある車両見ますがサス受け・ピボット間が切った部分にかかる負担が少ないと思います、
e0365651_03314203.jpg
切る前段階でこの楕円パイプは規則的な?(表現がムズイ)楕円とゆうことは確認済みで、
同じ径の丸を繋げた形ですので、
インローはこんな感じ、
e0365651_03034845.jpg
挿入寸法は25ミリで、その部分に線が入れてあります、
前側も後ろ側も25ミリ入れます、全部で約100ミリの延長です、正確には治具の都合で105ミリ、
溶接の際にある程度熱を入れて溶け込んでほしいのと構造物の強度的に無垢よりパイプ形状がいいかなってことで穴もあけてあります、
e0365651_03091642.jpg
寸法パツパツなんでカチコミまして、これがまぁまぁたいへん笑、
スイングアームには穴開けときまして抜け止めの為にインローと点でもスイングアームを溶接、
こんなに伸ばす人なかなかいないと思いますが通常は20~80ミリの延長がバランスはいいかと思います、
今回はシートフレームの加工も込みですのでそちらでバランスを取るようにやっていくのです、
手前が完了済み、
e0365651_03124372.jpg
向こう側は完了前、インローとスイングアームを抜け止め部分と外周しっかり溶接したあと同じ厚みの板を切り出して成形して溶接、
スムージングって感じです、
これで最後に歪み取りして作業完了です、次はこれを装着してサス受けの位置の変更です、
同時にガーターフォークの製図も進めます、うちで対処しきれない切削は外注様にお願いします、
あと日曜日はお休みです、後輩のボクシングの試合とグリムスパンキーのライブなので!


[PR]
by 758ringyo | 2017-12-10 03:25 | W650 | Comments(0)

W650準備

マサです、
W650カスタムしますので今日は準備、
とりあえず丸裸、
e0365651_22375646.jpg
夢膨らみますがこっからは現実との闘いですね、
昨日はチャリの日、
屋台ラーメン食べました、チャルメラのやつ、
e0365651_22405311.jpg
前の勤め先では結構毎週食べてました、おじさん覚えててくれた、
e0365651_22431998.jpg
るんぺんみたい、笑
たまにはこーゆうのもありですね、ではでは、

[PR]
by 758ringyo | 2017-10-21 22:45 | W650 | Comments(0)