カテゴリ:レブル250( 9 )

シートベース製作

マサです、
レブル250の最後の作り物シートベース、
いつも通りFRPで、
e0365651_02575255.jpg
今回は外人の見守りをつけました、笑
e0365651_02575411.jpg
固まり次第形整えて表皮張りに出します、


[PR]
by 758ringyo | 2017-10-20 03:05 | レブル250 | Comments(0)

レブル続きとOSSO組立

マサです、
盛大に風邪ひいております、
結構本気でキツイので充分な対応できない場合もブログ見てくださってる方々はご勘弁ください、、、
で先日、工作機械を一つ導入、
e0365651_23151644.jpg
メタルソーですね、
いままで高速カッターを使用してましたが鉄粉にまみれるのが嫌なのと、
出来るだけ精度の高い仕事をこの場所でできるように、
少しでも自分が楽に仕事ができるように、です、ちょっとの事ですが、ちりつもですね、
作業を一分縮める、一年で365分です、6時間くらいですね、
高速カッターの鉄粉の片づけとか準備、切ったものの製材も考えるともっとだと思いますが、あんま現実的によくわかんないですが自分の為に快適に作業できることが最終的にお客さんのためにもなるんじゃないかと思います、
e0365651_23210324.jpg
レブルですが配線も引きなおしたり、レギュレーター、コイル、イグナイタの移設、
マフラーの製作も完了しまして始動確認、走行確認完了です、
明日シートベース、シートステー製作して今週中に表面処理へ、
ラストスパートです、
e0365651_23205856.jpg
また、藤井君、OSSOのピスト購入いただきまして、
今日到着したので早速組み立てておきました、
e0365651_23232993.jpg
とりあえず純正です、
こっから自分の好み、乗りやすいようにカスタムしていけば、もっと自転車楽しくなると思います、
例えフレーム、車体が良くても純正の部品はそれなりです、
回りの良いペダル、座りやすいサドル、軽いホイール、扱いやすいハンドル、
上げだすとキリないですが、純正をまずのってもらって、自分の好みに仕上げていってほしいです、
風邪ヤバいんで今日は寝ます~、

[PR]
by 758ringyo | 2017-10-18 23:32 | レブル250 | Comments(0)

レブル配線ボックス

マサです、
レブルの配線ボックス製作中です、
e0365651_21505303.jpg
横から触りやすいようにアルミで蓋を製作してボルト留めです、
キーシリンダーやらイグナイタやらを取り付けられるように加工するのは明日になります、
e0365651_21510376.jpg
各箇所の板の寸法は手切りですが共付け溶接できるように寸法ばっちり出してから(重要)溶接、
e0365651_21510669.jpg
2ミリの鉄板なんであまり熱が入らないように、
天板にカラー埋め込んで車体側にステーを溶接して吊ります、車体に仮組み、
e0365651_21595665.jpg
良い納まりです、配線がこの中に納まるかが勝負で心配でしたが
追加作業頂きネック周りのレギュレーターやイグナイタの移設もすることになったのでメインハーネスも引き直しますのでついでに配線全体をよりコンパクトに詰めていきます、
マフラーはまだやってません、明日以降になりそうです、

期間限定中古車セールです、
ジェンマ50、税込32400円、
e0365651_10353516.jpg
ベルーガ50、税込32400円、ベルーガはさっそく検討中の方がおられます、
e0365651_10353283.jpg
綺麗なコンディションの昭和スクーターは希少だと思うので是非!
052-746-5118七伍屋輪業/小林まで、




[PR]
by 758ringyo | 2017-10-11 22:10 | レブル250 | Comments(0)

レブルマフラーとか商品試作とか

マサです、
今日は私用で三時までですみません、結婚ラッシュでして、
お祝いごとに声をかけてもらえるのがすごいうれしいです、
最近立て続けにレブルのこと更新してますがほかの仕事もすすめてますよ、
近所の方のちょい仕事を最近は週末ごとに頂いてます、
e0365651_15440729.jpg
スクーターの修理がやっぱり多いですよね、
地域密着派、カッコよく言えばローカルですね、良くも悪くもそんな感じが自分にむいてんのかなって思います、
忙しいときはほんとすみません、余裕無いときもありますが!
先日はレブルのオーナー様に神戸から来てもらって遊びがてら確認してもらいました、
e0365651_15510838.jpg
名古屋カルチャートリップ楽しんでもらえたでしょうか、笑
オーナーにも確認してもらってよりやる気でます、
e0365651_15521764.jpg
マフラー右側、ラインこんな感じです、フレーム下から取回して車体に寄せながら最後はターンアウト、
e0365651_15522255.jpg
純正マフラーからの加工でしたのでエキパイが純正35φ、製作したところが38.1φになってます、
肉厚1.6ですので純正マフラーに対してギリ圧入か?くらいの気持ちでつなげてあります、
e0365651_15521936.jpg
次は反対側ですね、ひねくれずに反対側も全く同じに作ります、
全く同じが一番難しいです、寸法から拾ってけば大体同じになるんですが最後は自分との闘いです、笑
今日は時間切れでここまで、
最近はダブルネームで自転車用品の試作なんかもしてます、
ピストのフレームパッド、何種類か作る予定なんですがまず一つ試作が完成しました、
e0365651_15592000.jpg
本革にて、プレーンですがシボの入った革です、
裏側はコーデュラ生地を使ってます、
e0365651_15592437.jpg
コーデュラって何?って方はこちら で、
簡単に言えば超強い生地です、ナイロンの7倍らしいです、そして防水、
フレームパッドなんで丸めた時のシルエットをかなり気にして製作してます、
マジックテープの幅やら外側と裏地の寸法差等、
このほかに蛍光塗料を塗った(散らした?)ものとタックロールのものを製作してます、
タックロールの試作はこんな感じ、
e0365651_16102027.jpg
これは試作なんで量産体制に入れた時にできるだけ再現度が高くなるように煮詰めてます、
こちらはタックロールなんでシルエットにはより気を使ってます、
これはまた随時アナウンスさせて頂きますね、

[PR]
by 758ringyo | 2017-10-08 16:16 | レブル250 | Comments(0)

七伍屋輪業風ガソリンタンク製作ステー製作

マサです、
レブルの続き作業です、
配線はいらないもの取っ払ってスッキリ少なく、
誰が見ても配線の意図がわかりやすいように、
e0365651_02294498.jpg
この先別の人が触ることになっても嫌じゃないように、何より自分の為にわかりやすいように、
故障の原因となりうる箇所なんで丁寧に、
セルも無事周りエンジン始動、
外装続き、トンネル製作しまして、
e0365651_02310022.jpg
ステーを製作していきます、
2ミリの板を切り出して重ね合わせてタンクに挟み込むようにして溶接、
e0365651_02312921.jpg
レブルの振動なら分厚いステー1枚ブリブリ溶接でもいいかと思ったんですが、
なかなかタンクの製作なんて僕ごとき頂けるなんて願っても無いので僕なりの一番最強かと思われる作りかたで作りました、
タンクの後ろ側は水平ですが前側のマウントは地面に対して90度で取り付けます、
ステー自体の強度が一番出る方向に荷重がかかるようにです、
e0365651_02313195.jpg
タンクの板厚は大体1ミリ~1.6ミリが多いです、社外タンクだと2ミリもあるのかな?
それに対してステーをそれ以上の厚みで製作して溶接すると分厚いステーを溶かすための熱でタンク側に必要以上に熱が入ります、
歪みも出ますし(パテ入れば関係有りませんが)、薄肉のタンク側の鉄板も熱でもろくなります、
e0365651_02313225.jpg
なので出来るだけタンクの肉厚に近い厚みの鉄板にて製作します、
また、ドン付きの線や点の接触面での溶接では無く面接触による溶接でステーからタンクにかかる力を分散させます、
ステーの角部分は応力がかかりやすくなるので少し大回りにステーの長さ以上の溶接ビードを引きます、
そうすることによって角からのクラックもできる限り防止します、
今年のJOINTS出展車両のSR400もタンクのステーには気を使ってます、
e0365651_02495795.jpg
なかなかこの車両についてのうんちくも紹介することができなかったのでタンク製作過程の説明ついでに、
ステーは裏側に製作して横や上から見えにくいようにしています、タンクのラインが綺麗に見えるマウント方法だと思います、
e0365651_02531220.jpg
これはステーにタンクの荷重が露骨にかかります、
なのでステー自体の強度を上げるために6ミリ厚の鉄板から製作しています、母材であるフレームの肉厚は4ミリ厚のパイプを使ってます、
ステーをしっかり溶け込ませて溶接するのはもちろんですが、それでも
ドン付きのステーは溶接部分にかかる負担が大きいのでさらに2ミリのステーを縦に溶接して荷重のかかる方向に対して補強となってます、
こちらはタンクではありませんが純正の溶接方法にならってパイプに1枚カバーになるパイプを被せたうえでステーを溶接してあります、
e0365651_03005485.jpg
こうすることでステー単体で溶接するより広い範囲に荷重を分散し、
母材であるフレーム(肉厚2~3ミリ)に対して分厚いステーを直接溶接した時に起こりやすいステーの溶接部分からのクラック、破損を防ぎます、
カバー自体にも応力がかからないように少し通り越すように溶接ビードが引いてあります、
こちらはオイルタンクステーです、
e0365651_03052044.jpg
どのステーもカバーにドンツキで溶接するのではなく少し折り曲げる、もしくは中心をずらすことで線もしくは点での溶接では無く面接触での溶接にしてあります、
ステーも散々折ってきてます、たかがステーですがされどステーです、
こうゆう風にうちはバイク製作してますってのが伝わればいいです、
e0365651_02313503.jpg
もちろん常に勉強ですが毎回そのバイクに合った最善の製作方法でやらせてもらってます、
自己満足でもありますが七伍屋輪業に依頼してもらったからには付き合ってもらいます、笑
そんな感じでレブルのタンクは完成です、タンクとフェンダーは艶消しの黒に塗装予定です、

[PR]
by 758ringyo | 2017-10-05 03:19 | レブル250 | Comments(0)

レブル250カスタム250続き

マサです、
レブルの続きです、
フェンダーつきまして、
e0365651_16094780.jpg
こんなかんじでございやす、
マフラーの材料、トンネル材料到着したのでそちらも進めていきます、
フェンダー周りのうんちくは、
フェンダーストラットのカット、
e0365651_16111085.jpg
カットしたとこは穴もふさいで最初からそうであったかのように、
これビフォーアフター撮り忘れたんでわかりづらいですがものすごく地味作業です、
e0365651_16124566.jpg
フェンダーの留め位置も変わったので穴あけ、左右対称の場所に、
で穴も裏側に補強貼ってあります、幅は詰めてないです、
配線はさっき引き直し終わりました、
そんな感じでよろしくお願いします、

[PR]
by 758ringyo | 2017-10-03 16:16 | レブル250 | Comments(0)

レブル続き

マサです、
レブル続きです、
ライザーの角落としてバフ、
手間で良くなるならやった方が良いですね、
e0365651_15094282.jpg
アンバイが難しいですが、笑
ハンドルも低くして振りも変えて、
e0365651_15094624.jpg
こんなかんじかな?この車両は既存の状態からどれだけかっこよくできるかって感じで、
もとついていた部品の加工で良くしていくつもりなんで、
e0365651_15094852.jpg
乗った感じの目線はこんな感じで乗った感じはこちら、
e0365651_15095093.jpg
シートの位置がまだ未定なんでそのへんあいまいですが、
またぼちぼち進めます、


[PR]
by 758ringyo | 2017-09-30 15:14 | レブル250 | Comments(0)

レブル250カスタム

マサです、
忙しぶってブログサボってました、
最近の作業を、レブルのタンク、がわたができたので炙って剥離、
e0365651_19463162.jpg
幅、長さ、高さを詰めまして、んでマウントも少しハイマウントにしよーかなって、
e0365651_19464099.jpg
トンネルもこんなかんじでカットしました、トンネル再利用しようかと思いましたがここまできたらトンネルもちゃんとつくろーってなったので今材料待ちです、
e0365651_19463678.jpg
一般的にワンオフタンクとなると、
素材かって、リサイズしてってのが今は一般的ですが、
先輩方のお話をきいてると「昔は素材用のタンクなんてなくて、素材のタンクから造った」と、聞きます、
確かに素材用のタンク使うと制限もあまりなく自由度が高いので楽ちんなんですが、
今回は予算内でワンオフタンクお任せですのでこのやり方で、
サイズ感、位置はこんな感じの予定です、
e0365651_19550668.jpg
e0365651_19543430.jpg
タンクの素からつくったタンクです、
例えるならリンゴジュース作るためにリンゴの木を育てたみたいな、そんな感じです、
トンネルは後回しにして次他の部分触っていきます、
杉山さんはエストレヤのクラッチ交換、
e0365651_19570338.jpg
クラッチのプレートはそんな減ってませんでしたが怪しいといえばこの焼けたスチールプレートですかね、
フリクションプレート、スチールプレート、クラッチスプリング交換で快適になりました、
「快適」これ大事ですね、安全運転に直結しますので、
で、なんでも無いステッカーシリーズ入荷です、
e0365651_20001062.jpg
e0365651_20001673.jpg
定番のYOMOGIと新デザインのSHISOです、
デザインといっても、、、な感じですが、欲しい人が買ってくれればいいです笑、
車両の都合でブログ分けます、

[PR]
by 758ringyo | 2017-09-29 20:08 | レブル250 | Comments(0)

レブル250カスタム

マサです、
先日のお休みは自転車いじりしました、
カンパニョーロのカムシンディスクいれました、両切りハブでロード用だったのでエンド幅が126、
ピスト用にシャフト入れ替えまして無事完了、
e0365651_23062572.jpg
スキッドして瞬殺パンクしました、やっぱ古いタイヤはだめです、
な感じの休日で、今日からまた張り切って、
先日のXL250は表面処理、補修ペイントに行ってます、
今日はマフラーの修理ちょいちょい、
e0365651_23183350.jpg
e0365651_23183638.jpg
二本、これくらいならそっこー終わりますので、「ちょっとだけだしなー」とか無しでご相談ください、
で今日からはレブルを、
納車整備しながらカスタムしながら、
e0365651_23253003.jpg
e0365651_23284689.jpg
把握できるとこは全部把握、問題も無く、フォークオイルも替えて、ホイールベアリングもチェックしながら、
うちで初めて触る場合はできるだけステムまで点検、
e0365651_23345246.jpg
e0365651_23345557.jpg
ジョイント80ミリ、
e0365651_23333368.jpg
カスタムお任せなんでまよいますね、
お客さんの好みに合わせておまかせ頂けるのは嬉しいですし、難しさもあり、やりがいもありますねー、
e0365651_23354909.jpg
e0365651_23360174.jpg
現状こんなかんじです、あとハンドル、マフラー、タンク、シート、ですかね、
細かい所は追々~、


[PR]
by 758ringyo | 2017-09-19 23:39 | レブル250 | Comments(0)