XS650SP点火充電発電修理続き

マサです、
XS650の充電修理続きです、
ローターコイルは中古のものに交換、
抵抗値は5Ωですので完璧、の上で、
二年前にこのXSを作ったときに崩したオートバイとしての機能面でのバランスを元に戻します、
バッテリーを純正のサイズに、なのでバッテリーケースも作り直し、
うちにはパルスのうてる溶接機がないので加棒方法の溶接をしていましたが、
e0365651_00015804.jpg
より高いクオリティを目指してウィービングを練習しています、ちょっとずつ、
でケースはここ、
e0365651_23561753.jpg


原因の究明がしづらいリチウムの小さいバッテリーによるローターコイルの電磁化の不完全さによるレギュレーターの動作不良(XSはレギュレーターによってローターコイルの電磁化を制御しているので)からのローターコイルパンク→レギュレーターパンク、の充電不良との判断をしました、
バッテリーサイズの適合(←今回はここが重要)、ローターコイルとレギュレーターの交換です、
修理とは故障の原因を確定させつつなおすときには故障のもとになりそうな要素を減らしつつ直すとゆうことであります、
ばっちり発電充電してレギュレーターも機能しています、
e0365651_00050029.jpg
e0365651_00050240.jpg
あとはしっかり試乗して様子見てから製作物の表面処理です、
ついでに車検も切れているので車検整備も、
e0365651_00005652.jpg
もうちょっとで復活だ~、

[PR]
by 758ringyo | 2017-03-15 00:05 | XS650 | Comments(0)
<< シートベース製作 第六回名古屋走り >>